おサルも温泉が好きなのね… @長野・地獄谷野猿公苑


先日長野への弾丸旅行を敢行しましたが、温泉にゆっくりとつかるという目的以外に実はもうひとつ行ってみたかったところがあったのです。
それは…

地獄谷野猿公苑!

えっ、なんで急におサルさんなの? という声が聞こえてきそうですが…

私はおサルさんが特別好きだというわけでもないのですが、少し前にTVで「外国人観光客の方に人気のスポット」として地獄谷野猿公苑が紹介されていて、わざわざそこに行くツアーも組まれている、ということで興味をもち…
さっそく主人にも話をして長野への旅の手配を始めました。
また私たちが泊まった上林ホテル仙壽閣さんは、地獄谷野猿公苑への最寄りのお宿だったのでそこにお世話になることにしたという…

TVでは雪がちらつく寒い時期の野猿公苑が映っていましたが、敷地内の温泉に気持ちよさそうにつかっているおサルさんを激写している方々が全員一眼レフの望遠レンズを構えていることに驚き、「私もぜひ温泉につかるおサルさんを写真に撮ってみたい!」と思ったのでした。
それにしてもここは特に有名な観光地というわけでもないのですが、なぜ外国の方にこんなにウケているのかしら?
最近はSNSなどで誰でも写真をネットに投稿できるようになったので、そこから人気が出たのかな…
なんとも不思議な現象です。


私たちは2日目の朝にお宿から歩いて地獄谷野猿公苑を目指すことに…
お宿で野猿公苑の入場割引券もいただいて、いざ出発!

ところが、ところが…
ちょうどその頃に最盛期だった花粉にやられて絶不調だった私は、少し歩いただけでもうヘロヘロに…
30分もの間、とても雨上がりの山道を歩けそうにないという結論に達し、残念ながら私はあきらめてリタイアすることに…
でもせっかく望遠レンズまで持ってここまで来たのだから、やっぱり写真は撮って帰りたい、ということで、主人だけ野猿公苑に行ってもらい、写真撮影を主人に託すことにしました。
私も行くのを楽しみにしていたのに、本当に本当に残念でした。

私は一足先にお宿に戻り、野猿公苑のライブカメラの映像をスマホで見ながら、リアルタイムでおサルさんの様子をチェック…
前日まではとても暖かく、ライブカメラでも温泉につかるおサルさんの様子を見ることはできなかったのですが、この日は寒の戻りもあってかなり寒かったので、なんと途中からおサルさんが温泉にはいってくれました!
主人からも「温泉につかっているおサルさんを撮影することができたよ。」との連絡があり、目の前でその様子を見ることはできなかったものの私も大満足でした。
後で主人に聞いてみると、TVで見たとおり主人以外は全員外国の方で、まわりではドイツ語と英語が飛び交っていたそうです。
日本にいながら、まさにここはどこ? の状態で…



主人撮影の写真ですが、少しご紹介しますね。



d0158279_20160134.jpg


サルの親子って本当に仲睦まじいんですね。
よりそう姿が本当にかわいい!


d0158279_20165207.jpg


d0158279_20195202.jpg


d0158279_20200684.jpg


温泉につかって気持ちよさそう!


d0158279_20205027.jpg


地獄谷野猿公苑はいわゆる動物園的なものではなく、ニホンザルの生態をより自然に近い環境で観察するための施設なので、檻や囲いはありません。
なので、サルが人のすぐ近くまで近づいてくることもあります。
また苑内は飲食禁止で、サルに食べ物を与えることも禁止されています。
苑の方でニホンザルに食事を与える時間なども公開されていません。
あくまでも苑内では、ニホンザルの生活の邪魔にならないようにそっと観察するのみとなっています。

サルが温泉につかるのも寒い時期に限られているのだそう…
真冬ではなくこの時期に温泉につかるサルを観察できたのは、とてもラッキーでした。
今度は私も間近で温泉につかるサルを観たいので、季節を変えてまたリベンジしたいと思います!


お宿には、こんな掲示板がありました。


d0158279_06591142.jpg




さて、最後に「信州といえば=おそば」なので、長野駅でいただいたおそばのお店をご紹介しますね。
長野駅ターミナル内のMIDORI3Fにある「草笛」さんです。
お店の入口横では手打ちそばの実演もされていますよ。



d0158279_08361452.jpg


私はとろろそばの小盛りをいただきました。
小盛りでいいの?
こちらのお店では何も言わないと約400g入ったおそばが出てきます。
ざるでも汁物のおそばでも通常の約2倍の量になるので、注文の時には女性の方は特にご注意くださいね。
主人は果敢にも400gのおそばに挑戦していましたが、食べ終わったあとで一言…
「当分おそばはいらん!」
完食がかなりきつかったようですよ。



d0158279_08382705.jpg



d0158279_08383925.jpg



コシがあって、とってもおいしいおそばでした。
最後にいただいたそば湯もおいしかった!





長野の旅行記はこれで最後になりますが、今度リベンジするときは北陸まわりで行こうかと思っています。
古都・金沢にも立ち寄ることができるし、長野新幹線にも乗れるし…
いつになるかわかりませんが、そのときを楽しみに待つことにします。






[PR]
トラックバックURL : https://horrycafe.exblog.jp/tb/26753969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Horrycafe | 2018-05-04 10:10 | 国内旅行 | Trackback

時々趣味のお話、時々お出かけレポート&旅行記、時々かわいいアクセサリーや雑貨などのご紹介、時々おいしいものレポートと、話題は豊富です。


by Horrycafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31