トラディショナルな日本の貼箱にチャレンジ!


d0158279_18151153.jpg


先日、阪急百貨店うめだ本店の祝祭広場でこんなイベントが開催されていました。
さっそく行ってみたのですが…
ひとつのお店のディスプレイに目が止まりました。
京都と東京・二子玉川にある「BOX&NEEDLE」さんというお店のコーナーで、様々な柄のペーパーで作られたBOXがところ狭しと並べられていました。
ジュエリーボックスだったり、文房具などを収納するのによさそうな小さなBOXだったり…
ん? 紙箱ということは、カルトナージュ?
私も今年から本格的にカルトナージュを習い始めたので、ボックスには目がありません。
カルトナージュでは主に、箱に組み立てたカルトン(厚紙)に布を貼りますが、デザインペーパーを貼ることもあるので、てっきりカルトナージュだと思っていました。

ところが、お店の方に聞いてみるとこれはカルトナージュではなく、日本の伝統的な「貼箱」なのだそう…
えっ、日本にも昔からカルトナージュのようなものがあったの?
私も初めて知りました。
ちなみにカルトナージュはフランス生まれです。
カルトナージュとの違いを聞いてみると…
*カルトナージュはボンドを使って貼りますが、貼箱はにかわを使うのだそう。
*カルトナージュはカルトンの方にボンドを塗りますが、貼箱はペーパーの方ににかわを塗るのだそう。

製作キットやお道具類もあわせて販売されていたので、見ているうちに作ってみたいという思いがふつふつとわいてきて…
でもにかわは使ったことないし、いきなりはちょっと敷居が高い…
定期的にお店の方でワークショップも開催されているようなので、そこで体験してみてからの方がよいのでは?
ということで、にかわと刷毛を使わない簡単バージョンのキットを2種類購入することにしました。
それがこちらです。


d0158279_18433274.jpg


厚紙はカット済み、ペーパーの方もすでにカットされていて、にかわを使用する代わりにペーパーがシールタイプになっているので、箱に組み立ててペーパーを貼りあわせるだけの超お手軽キットです。
準備するものは、セロテープとはさみ、へら(あれば…)のみでOKです。
ひとつ20分ぐらいで、小さなボックスができあがりました。
色合わせも素敵だし、かわいい~~


d0158279_18435695.jpg


d0158279_18441140.jpg


ふたつ並べてみました。


d0158279_18443686.jpg


ボックスの中に何を入れようかと迷ったのですが、結局お気に入りのアクセサリーを収納することにしました。


d0158279_18445638.jpg


d0158279_18451480.jpg


また別の日にもう一度訪れて、ペーパーでできた壁掛けパネルを購入しました。
お店で販売していたマグネットで壁につけています。
実はこのパネル、薄いボックスタイプになっていて、ペーパーのデザインは私の大好きな鹿児島睦(かごしままこと)さん…


d0158279_20302904.jpg


お気に入りのものがまたひとつ増えました。
「BOX&NEEDLE」さんのHPはこちらです。








[PR]
トラックバックURL : http://horrycafe.exblog.jp/tb/25709727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Horrycafe | 2017-09-25 07:00 | ハンドメイド | Trackback

時々趣味のお話、時々お出かけレポート&旅行記、時々かわいい雑貨などのご紹介、時々おいしいものレポートと、話題は豊富です。


by Horrycafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30