ヴォーリズ建築の素敵なカフェとおいしいパン屋さん @神戸 & 大阪・中津


少し前のお話になってしまいますが…
神戸布引ハーブ園散策、布引の滝ハイキングの後、帰路に着く前に私たちは素敵なカフェに立ち寄りました。

そのカフェの建物は、大丸心斎橋店などを設計したW.M.ヴォーリズ(大丸心斎橋店本館は現在建て替え工事中ですが…)が手がけた旧・神戸ユニオン教会…
そちらの教会の建物に、ドイツパンと焼菓子などを作っていらっしゃる老舗の「フロインドリーブ 本店」さんがはいっています。
「あれっ、フロインドリーブって確か神戸の北野坂(?)だったか、「にしむら珈琲店」さんの近くにお店がなかったっけ?」
もうかな〜り前に会社の先輩から「フロインドリーブのクッキーはおいしいのよ。」と聞いて、買いに行った記憶がよみがえり…
その時は坂の途中にお店があったように記憶していたので、いろいろと調べてみたら…
なんと、1999年に現在の場所に移転されていました。
教会の建物をそのまま利用されていて、1Fがベーカリー等のショップ、そして2Fがカフェになっています。
すでに行かれた方も多いかと思いますが、数年前にヴォーリズゆかりの地である滋賀・近江八幡を訪ねたこともあり、私はヴォーリズ設計の建物、というところにも心惹かれました。


その日は、お昼前ぐらいにハーブ園に着いて園内を散策、ハーブ園では何も食べずにそのまま布引の滝ハイキングに突入したので、山を下りる夕方近くまでランチはお預け…
気がつけば、かなりお腹が空いていました。



d0158279_17524550.jpg

こちらがフロインドリーブ 本店(旧・神戸ユニオン教会)の建物です。



d0158279_17524519.jpg

正面から…




d0158279_17524691.jpg


d0158279_17524717.jpg

建物に調和するようにフロインドリーブの看板がかかっています。
どの角度から見ても本当に素敵な建物ですね。

夕方だったので2Fのカフェは比較的空いていて、私たちはすぐに席まで案内していただけました。
建物の外観も素敵だったけれど、2Fのカフェの空間も本当に素敵!
もともと教会の礼拝堂として使われていたところなので、天井がとても高くて開放的…
教会の窓のステンドグラスもとてもきれいで、うっとりと眺めてしまいました。
こちらの建物は国の登録有形文化財に指定されているので、残念ながら建物の中のお写真はありませんが、とてもゆったりと落ち着ける空間なのでおすすめですよ。



d0158279_19173605.jpg

私たちは、遅いランチ代わりにサンドウィッチとドリンクをそれぞれいただくことにしました。
注文すると、フロインドリーブのクッキーがひとつずつ添えられて出てきます。



d0158279_17524922.jpg

サンドウィッチの方ですが…
私たちは、クラブハウスサンドウィッチとハムチェダーアンドエッグをひとつずつお願いして、二人でシェアしました。
上の写真はクラブハウスサンドウィッチの方ですね。
全体的にかなりボリュームがあります。
パンも少し厚め、サンドウィッチの具も中身がかなりつまっていて、添えられていたマカロニサラダもたっぷりの量!
こちらは自家製マヨネーズを使われているようです。
う~ん、これはかなりお腹がいっぱいになりそうな予感…

いただいてみて意外だったのは、マヨネーズをかなりたくさん使っているようにみえましたが、案外しつこさがなかったこと…
食パンはわりとしっかりめの食感で、パンの耳の部分は特に噛みごたえがあります。
これは、ドイツパン自体がハードタイプのものが主流だからでしょうか。
とても味わいのあるパンでした。



d0158279_17525001.jpg

こちらはハムチェダーアンドエッグの方ですね。
こちらもボリュームたっぷり!
そうそう、添えられていたピクルスもとってもおいしかったですよ。

予想していたとおり、本当にお腹いっぱいになりました。
さて、晩ごはんどうしよう…



d0158279_19085006.jpg

帰りに、建物の横に咲いていたバラがとってもきれいだったので、思わず写真を撮りました。



《フロインドリーブ 本店について》

■お店の場所については、こちらをごらんくださいね。 → 

■カフェのサンドウィッチメニュー(休日メニュー)については、こちらをごらんくださいね。 → 
私たちがお邪魔したのは休日だったので、サンドウィッチ、ドリンクをそれぞれ単品で注文するスタイルでした。
ドリンクは、だいたい500円ぐらいから…
サンドウィッチはランチの時間帯でなくても注文できます。 また、別にデザートのメニューもあるようですよ。
なお、サンドウィッチについては1Fのベーカリーショップでは販売していませんので、カフェの方でお楽しみくださいね。

■私は平日仕事なのでなかなか行けなくて残念ですが、平日限定のセットメニューもあるようですよ。 → 


《W.M.ヴォーリズについて》

こちらのサイトをご参照くださいね。
「一粒社ヴォーリズ建築事務所」のトップページが現れますので…
 ヴォーリズ設計の建物については、「たてもの紹介」 → 「ヴォーリズ建築探訪」へ。
 ヴォーリズの紹介については、「ヴォーリズとは」へ。



さて、パンのお話が続きましたのでもうひとつパンの話題を…
場所はまったく変わりますが、大阪・中津にとってもおいしいパン屋さんがあります。
「HATSUTATSU」さんという名前の小さなパン屋さん…



 

d0158279_19085153.jpg

お店の外観はこんな感じです。
お店のドアを開けて中にはいってみると… 
お店にうかがったのはお昼過ぎでしたが、店内は焼きあがったパンのと~ってもいい香りで満ち足りていて思わず笑顔に…
お店の中はそんなに広くはありませんが、手前の販売スペースにはいろいろな種類のパンがところ狭しと並んでいて、どれにしようかと本当に迷ってしまうほど…
またそのすぐ奥はパンの工房になっていて、一生懸命にパンを焼いていらっしゃる職人の方々の姿が見えました。
ほどなくすると、奥から「パンが焼きあがりました~」ということで、オーナーさんらしき男性の方が焼きたてのパンをのせたプレートを手に出てこられました。
その時に少しだけお話をさせていただいたのですが、「パンが本当に好き!」「パンを焼くことに真摯に向き合っている」「おいしいパンをお客さまに届けたい!」という熱い想いが、多くを語らなくともひしひしと伝わってきて、とても好感がもてました。
どのパンにしようかとさんざん迷いましたが、何とか4種類のパンを選びました。
わが家は主人との二人家族なので、たくさん買って帰れなかったのが本当に残念!
またぜひおうかがいさせていただきたいと思っています。
私がうかがったのは、たまたま平日で仕事のお休みをいただけた日でしたが、ひっきりなしにお客さまが来られていました。
やはり女性のお客さまが多かったですね。



d0158279_19085180.jpg


d0158279_19085205.jpg

こちらが「HATSUTATSU」さんで買って帰ったパン…



d0158279_19100111.jpg

写真上
■(左)パン オ ショコラ… 中にはいっているチョコレートがとっても本格的なお味でおいしかった…
 (右)大納言あずきのPain Au Lait(ミルクパン)… 甘さひかえめで、あずきがはいっているんだけど洋風…

写真下
■(左)玉葱キャラメリーゼ… パン自体はしっかりとした食感で、中にはいっている小さめの飴色玉ねぎの風味がしっかりとお口の中に広がって、私的には一番のお気に入り…
■(右)クレーム フロマージュ… チーズがしつこくなくて、とてもあっさりといただけました。


パン1つのお値段は140円ぐらいからでとってもリーズナブル…
ぜひ「HATSUTATSU」さんの心のこもった手作りパンをお試しになってみてくださいね。


ごちそうさまでした!







[PR]
トラックバックURL : http://horrycafe.exblog.jp/tb/24515339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Horrycafe | 2017-06-19 05:30 | おいしいもの | Trackback

時々趣味のお話、時々お出かけレポート&旅行記、時々かわいい雑貨などのご紹介、時々おいしいものレポートと、話題は豊富です。


by Horrycafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31