新緑の神戸ハイキング 〜布引ハーブ園から布引貯水池、そして布引の滝へ


先日の神戸布引ハーブ園のつづきです…
今回は写真多め、また同じコースでハイキングを考えていらっしゃる方のために少し解説を加えたので、記事は長めです。


ハーブ園を満喫した私たちは、ロープウェイの「風の丘中間駅」の脇にあるハーブ園のゲートを出て、ハイキング道へとはいりました。
一見したところゲートは閉まっているように思えますが、実際は鍵がかかっていないので門を押すと簡単に開きます。


ではまず、この日私たちが歩いたハイキングコースの見どころを一部ご紹介しますね。


≪布引貯水池≫

d0158279_19515673.jpg


≪布引ダム(五本松堰堤・えんてい)≫
貯水池からダムの上の部分が見えています。

d0158279_19515654.jpg


≪布引の滝(雄滝)≫

d0158279_19515716.jpg



私たちは、「ハーブ園から布引貯水池~布引ダム~布引の滝をまわってJR新神戸駅に出るコース」を歩いてみました。
基本ずっと下りの山道になります。
先日彦根城を訪れたときに街あるき用の靴を履いてきてしまい、途中とっても歩きにくくて苦労をしたので、今回はリュックとこんな靴で万全の装備でした。

d0158279_19534763.jpg


布引の滝周辺のマップはこちらをごらんになってくださいね。(PDFファイルです。) → 
周辺の見どころがひとめでわかります。
ただ、こちらのマップにはハーブ園を出てから布引貯水池に行くまでのルートの記載がありません。
なので、私たちはあらかじめロープウェイの「ハーブ園山麓駅」で、「貯水池と布引の滝をめぐるハイキングコース」の1枚もののマップをもらっておきました。
ハーブ園の方でハイキングコースのマップがもらえるかどうかは、確認ができていません。


ハーブ園のゲートを出ると、しばらくの間こんな道が続きます。
新緑がとっても気持ちいい!

d0158279_19534787.jpg



d0158279_19534888.jpg


ところがここでひとつトラブル発生!
事前にもらったマップでは、布引貯水池までずっとひとつの道をたどって行けるように書いてあったのですが、いざ歩いてみると途中で道が二手に分かれていたのです!
左は、布引の滝からJR新神戸駅方面へ。
そして右は、市ヶ原方面へ。
残念ながら、布引貯水池方面への案内板はどこにも見当たりません…

どっちに行ったらいいの?

でも、左に行ってしまうとせっかく見るのを楽しみにしていた布引貯水池とダムを見ないまま下りてしまうよね、ということになり、私たちは右の市ヶ原方面の道へと進みました。

ところが… 
しばらく歩いても貯水池方面への案内板はないし、ましてや貯水池らしきものはどこにも見当たりません…
山道なのでくねくねと曲がっているし、そんな道を歩いているうちに何だかそれが「終わりなき道」のように思えてきて、だんだん不安になり…
途方にくれかけていた時に1軒の小さな建物が見えてきました。
「紅葉茶屋」という看板が出ていたので、どうやら休憩処のようです。
お店の方が中にいらしたので、マップを見せて布引貯水池への行きかたを聞いてみました。

すると…
このままさらに進んでも貯水池には行けないということがわかり、「紅葉茶屋」の少し手前にほぼUターンするような形でもうひとつ道があるのだとのこと…
その道にはいるところには車止めの4本の背の低い柱が立っているので、そこを目印にして先に進みなさい、と…
ここで聞いておいて本当によかった!
このまま進むと市ヶ原というまったく別のところに行ってしまうこところでした…
そうそう、紅葉茶屋には大きいけれどもとってもおとなしいワンちゃんがいましたよ。
お店の看板犬なのでしょうか…


ということで、教えていただいた道をしばらく歩いていくと、なんとか無事に布引貯水池にたどり着くことができました。
歩いてみてわかったことですが…

・ハーブ園から貯水池に行くには、かなりの迂回路を歩くことになる。(ただし道はかなり整備されています。)
・迂回する道以外に、実は途中で貯水池へのショートカットコースの案内板が出ていましたが、(もらったマップにもショートカットして行けるようなことは書いてありました。) 実際にその道を見てみるとかなり険しい道だったので、普通の方にはちょっとおすすめできません。


でも、貯水池のこんな景色を目の当たりにしたら疲れも吹き飛んでしまいました。
神戸の街なかから少し山にはいるだけで、こんなに自然豊かで静かなのですから…

d0158279_19534963.jpg



d0158279_19534938.jpg


貯水池の先からいよいよダムの方へ…
こんなふうにダムの途中まで歩いて行けるように、遊歩道がついているんですよ。
途中からは左に折れて、ダムの下の方に下りて行けるようになっています。

d0158279_19535038.jpg


そしてダムを下から眺めたところ…

d0158279_19535056.jpg


山道をさらに先へ進み、こちらはダムの横にある「五本松かくれ滝」…
ダムの水量を調節するための滝で、ダムの水量が多くなって放流している時にだけ見える滝です。
私たちが訪れた時は結構水量が多かったので、ラッキーなことに水が流れている滝を見ることができました!

d0158279_19535101.jpg


途中、川のせせらぎの音が聞こえてとっても涼しい~
心も体もリフレッシュされていくのがわかります。

d0158279_19535252.jpg


d0158279_19552730.jpg


こちらは、「さるのかずら橋」…
徳島の祖谷(いや)のかずら橋を模して飾りつけられた橋なのだそう…
祖谷のかずら橋は、歩くたびに足元が軋んで橋はゆらゆら揺れるし、真下で川が流れているのが丸見えでかなり怖いけど、こちらは普通の橋に飾りつけをしただけなので大丈夫!
私たちは渡りませんでしたが…

d0158279_23083335.jpg


みはらし展望台まできました。
ここからは神戸の街がよく見えます。

d0158279_19552855.jpg



ここからはまた山道へはいり、いよいよこのハイキングコースのハイライトのひとつでもある布引の滝へ…
布引の滝は4つの滝の総称で、「雄滝(おんたき)」、「夫婦滝」、「鼓ヶ滝(つつみがたき)」、「雌滝(めんたき)」があります。
こちらは雄滝で、一番高さのある大きな滝です。
ここはさすがに人が多かった!
座れる場所があるので、ひとやすみしながら滝を眺めることができますよ。

d0158279_19552921.jpg


上が雄滝、そして下が夫婦滝…
実はこんなふうに、ふたつの滝がつながっているんですね。
これはなかなか見ごたえがありました。

d0158279_19553093.jpg



d0158279_19553150.jpg


しばらく滝周辺の涼しい風に吹かれながらひとやすみして、さあ、あともう少し!
この後鼓ヶ滝には行きましたが、非常に写真の撮りにくい場所だったので写真は結局撮らず…
そして夕方近くになっていたので、雌滝へは行かずにスルーしました。


d0158279_19553173.jpg


かなり下りのきついところもありましたが、下りてしまえばとてもあっけなく…
しかも下りきった先は、すぐに新幹線の新神戸駅という…
新神戸駅ってほんとに山の斜面に建っている駅なんですね。

少し前まであんなに自然豊かで空気もおいしかったのに、山を下りた瞬間車の排気ガスが…
いきなり現実に引き戻されてしまった感はありましたが、神戸の街からすぐに行ける身近なハイキングコースなのでとてもおすすめです。
機会がありましたら、ぜひトライしてみてくださいね。
これから暑くなってきますので、水分補給のための飲み物の準備はお忘れなく…
また山道なので、山道ハイキング用の装備でお出かけくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。







[PR]
トラックバックURL : http://horrycafe.exblog.jp/tb/24322551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Horrycafe | 2017-06-03 06:00 | お出かけ | Trackback

時々趣味のお話、時々お出かけレポート&旅行記、時々かわいい雑貨などのご紹介、時々おいしいものレポートと、話題は豊富です。


by Horrycafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31