「大阪倶楽部」のレトロな建物 〜淀屋橋から肥後橋へ


先日、大阪・淀屋橋にある神宗本店カフェさんにお邪魔した後、主人の案内でまた少し周辺の街あるきをしてみました。

以前の記事でも書きましたが、淀屋橋周辺にはレトロな建物があちこちに点在しており、それらを巡るのもなかなか楽しいです。



神宗カフェさんから御堂筋に出て、淀屋橋odonaの筋を四ツ橋筋方向に歩いていくと、「大阪倶楽部」という建物があります。
レトロな建物好きの方なら、もうよくご存知の場所だとは思いますが…
建築家・安井武雄さんの設計で、有名なところでは大阪・平野町の御堂筋沿いにあるガスビル(大阪ガスビルディング)の設計も手がけられた方です。


d0158279_22165219.jpg

大阪倶楽部の外観です。
社交倶楽部として大正時代に建てられましたが、建物は一度火災で焼失…
その後、約2年あまりで安井武雄さんの設計により建物が再建され、現在は国の登録有形文化財にも指定されています。
耐火構造のため、戦時下の空襲にも耐えた建物なんですね…
なんだかとても感慨深いです。



d0158279_01424267.jpg
窓のひとつにフォーカスしてみました。


d0158279_01424388.jpg



d0158279_01424412.jpg
建物の横にまわると、バルコニーがありました。


d0158279_01424453.jpg
通用門もとても雰囲気がありますね。


こちらの大阪倶楽部、普段は会員の方しか中にはいれないのですが、2ヶ月に一度一般の方も中にはいれる「無料見学会」が開催されています。
先着順のようなので、ご興味のある方はこちらをご覧くださいね。→
別に申し込みフォームも用意されています。
建物の中を見学させていただける貴重な機会なので、私もまた都合のつく時にぜひ参加してみたいと思っています。


さて、大阪倶楽部を後にして私たちはさらに四ツ橋筋方面へ…
肥後橋まできました。
こちらには、フェスティバルホールがはいっている中之島フェスティバルタワーがすでにありますが、道路をはさんで向かい側に建設中だったフェスティバルタワー・ウエストがほぼ完成、というところまできました。


d0158279_02594402.jpg

先ほどのレトロなビルとは違い、こちらは近代的な超高層ビルですね。
有名なコンラッドホテルがこのビルにはいり、「コンラッド大阪」として2017年夏の開業を待っているところです。


レトロなビルと近代的なビルが渾然一体となっていて、この周辺の街はなかなかおもしろいです。
私もまだまだ知らないところがたくさんあるので、これからも街あるきを楽しみたいと思います。



[PR]
トラックバックURL : http://horrycafe.exblog.jp/tb/24002867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Horrycafe | 2017-03-23 05:30 | お出かけ | Trackback

時々趣味のお話、時々お出かけレポート&旅行記、時々かわいい雑貨などのご紹介、時々おいしいものレポートと、話題は豊富です。


by Horrycafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30